メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

サッカー 1次リーグ イングランド6-1パナマ イングランド6発、突破 ケーン、幸運ハット

【イングランド-パナマ】前半、チーム2点目のゴールをPKで決めて駆け出すイングランドのケーン(左)=AP

 <Russia 2018 WorldCup>

 新たに志向するパスサッカーの可能性を示し、イングランドがワールドカップ(W杯)でチーム歴代最多の6点を奪った。「このイングランド代表は違う戦い方ができるというのを示したい」というサウスゲート監督の思惑通り、ケーンのハットトリックなどで格下のパナマに圧勝した。3得点のケーンは「W杯でハットトリックはなかなかできるものじゃない。とても誇りに思う」と素直に喜びを表した。

 キックオフから足元でパスをつないで主導権を握り、得意のセットプレーから次々と決めた。前半8分に右C…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文704文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東芝子会社で架空取引 200億円規模 グループ外企業と循環取引か

  2. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  3. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

  4. 「たけちんの続編、見たかった」 京アニ放火殺人半年 「らき☆すた」監督の友人悼む

  5. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです