メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊の再審査、空洞化 申し立て期間内、和歌山68人手術

 障害者らへの強制不妊手術を認めていた旧優生保護法(1948~96年)を巡り、51~85年の約35年間で、強制手術について本人や保護者が再審査を請求できる「2週間以内」を待たずに、和歌山県で少なくとも68人に対し手術が行われていた。毎日新聞が47都道府県に情報公開請求して得た資料から判明した。再審査する国の審議会は開かれた記録が確認されておらず、制度が空洞化していた可能性もある。(10~13面に特集)

 請求は2~4月に行い、6月上旬までに34道府県から開示があった。同法は、都道府県の優生保護審査会が…

この記事は有料記事です。

残り1864文字(全文2116文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 俳優の織本順吉さん死去、92歳 名脇役 「仁義なき戦い」シリーズ
  3. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  4. 「戦国テンプレート」発売 武将の家紋、手軽に コクヨ滋賀
  5. 大麻所持容疑 「様子おかしい」と学校が通報 中学生逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです