メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

サッカー 吉田、大黒柱の自負 脚力磨き経験武器に

 【エカテリンブルク(ロシア)大島祥平】サッカー・ワールドカップ(W杯)の日本代表は24日、1次リーグH組のセネガルと対戦した。強い思いを抱いていたのはDF吉田麻也(29)=サウサンプトン=だ。俊足選手が居並ぶセネガルとの試合は、吉田自身の成長が問われる一戦でもあった。

 将来は海外へ--。思い描いた道を進み、2009年に名古屋からVVVフェンロ(オランダ)に移籍。そして12年にイングランド・プレミアリーグのサウサンプトンにたどり着いた。だが、課題に直面した。足の遅さもその一つ。試合に出られない日々が続いた。

 「俺、このままじゃやばいですよね?」。14年、吉田は久しぶりに杉本龍勇・法政大教授(47)に連絡し…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文860文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです