メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

持たざる者の挑戦 交代3人とも攻撃

セネガル戦の後半33分、同点ゴールを決め、長谷部(左)、吉田(右)と喜び合う本田=ロシア・エカテリンブルクで2018年6月24日、長谷川直亮撮影

1次リーグH組 △日本2-2セネガル△(24日、エカテリンブルク)

 後半42分、西野朗監督が最後の交代カードを切った。MF宇佐美貴史(デュッセルドルフ)の投入だ。「勝ちたい」。選手たちは監督のメッセージを読み取り、攻めた。最後まで勝ちにいく姿勢が、今の日本代表の勢いを象徴していた。

 取られる。取り返す。一進一退の攻防の中で、日本は後半26分、主導権を握りつつありながら勝ち越された。直後にMF本田圭佑(パチューカ)とFW岡崎慎司(レスター)を送り込む。これが効いた。左からMF乾貴士(ベティス)がゴール前へとボールを出すと、岡崎が相手GKと接触してつぶれていた中央を過ぎ、遠いサイドでフリーだった本田が左足で同点ゴールを決めた。逃げ切れなかったセネガルのエースFWマネは言った。「日本は甘くない。認めざるを得ない」

 長年、日本はサッカー界で「持たざる者」だった。高さ、パワー、スピード。単純な勝負では分が悪い。この日も惜しみないハードワークを前提に連係と組織でセネガルと渡り合った。それだけではない。接触プレーでも激しく競り合い、ここぞの場面はファウルになっても相手に絡んで抜かせない。「日本人では無理だろうと思われてきたアフリカ勢にガチンコ(真っ向勝負)で挑んだ」とDF昌子源(鹿島)。ハリルホジッチ前監督が言い…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文906文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

  3. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  4. 大阪は新たに273人感染、300人下回るのは3週間ぶり 新型コロナ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです