メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

「表現の自由」ヘイトも生む 急増するネオナチ

 トランプ政権下の米国で急増しているネオナチ組織は「表現の自由」を盾に、インターネットを通じて白人至上主義やユダヤ人排斥のイデオロギーを世界に拡散しようとしている。憲法で保障された権利が、差別発言を正当化する根拠にもなっている米国。その現場を歩いた。【ポッター郡(東部ペンシルベニア州)で國枝すみれ】

全米最大組織幹部「カギ十字掲げる権利ある」

 庭先には、ナチスのシンボル「カギ十字」の旗がなびく。30州以上に支部を持つ全米最大のネオナチ組織「国家社会主義運動(NSM)」幹部の自宅だ。トランプ大統領が当選した大統領選直後の2016年12月に訪れたときより、旗は大きく、派手になっていた。

 幹部のダニエル・バーンサイド氏(44)は上機嫌だった。「私にはカギ十字旗を掲げる権利がある。それが…

この記事は有料記事です。

残り3402文字(全文3745文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 性的虐待 父「誰にも言うな」から救った夫の「悪くない」
  3. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  4. 性被害 BBCの詩織さん番組で「女として落ち度」言及 杉田水脈議員に批判
  5. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]