メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

「表現の自由」ヘイトも生む 急増するネオナチ

 トランプ政権下の米国で急増しているネオナチ組織は「表現の自由」を盾に、インターネットを通じて白人至上主義やユダヤ人排斥のイデオロギーを世界に拡散しようとしている。憲法で保障された権利が、差別発言を正当化する根拠にもなっている米国。その現場を歩いた。【ポッター郡(東部ペンシルベニア州)で國枝すみれ】

全米最大組織幹部「カギ十字掲げる権利ある」

 庭先には、ナチスのシンボル「カギ十字」の旗がなびく。30州以上に支部を持つ全米最大のネオナチ組織「国家社会主義運動(NSM)」幹部の自宅だ。トランプ大統領が当選した大統領選直後の2016年12月に訪れたときより、旗は大きく、派手になっていた。

 幹部のダニエル・バーンサイド氏(44)は上機嫌だった。「私にはカギ十字旗を掲げる権利がある。それが…

この記事は有料記事です。

残り3402文字(全文3745文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  3. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  4. 日本が初優勝 プレミア12、前回覇者韓国に逆転勝利 山田哲3ラン

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです