メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

セネガルと引き分け 勝ち点4に

【日本-セネガル】後半、同点ゴールを決める本田(中央)=ロシア・エカテリンブルクで2018年6月24日、長谷川直亮撮影

 【エカテリンブルク(ロシア)大島祥平】サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本代表は24日(日本時間25日)、エカテリンブルク・アリーナで行われた1次リーグH組の第2戦でセネガルと対戦し、2-2で引き分けた。

 日本とセネガルはともに勝ち点4。6大会連続6回目出場の日本が開幕から2戦続けて勝ち点を獲得したのは2002年日韓大会以来4大会ぶり。

 日本は1点を追う前半34分、柴崎岳(ヘタフェ)からのロングボールを長友佑都(ガラタサライ)がペナルティーエリア内で受け、乾貴士(ベティス)、のシュートで追いついた。日本は後半26分にワゲのシュートで1点差とされたが、途中出場の本田圭佑(パチューカ)が同33分に3大会連続となる同点のシュートを決めた。

この記事は有料記事です。

残り904文字(全文1231文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏は国会で虚偽説明し続けていた…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  2. 大阪市北区、中央区で休業・時短要請へ 27日から15日間 50万円給付調整

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです