特集

サッカー日本代表

ワールドカップ2022カタール大会出場を決めたサッカー日本代表。代表戦のテキスト速報や最新のニュースをお届けします。

特集一覧

サッカー日本代表

セネガルと引き分け 勝ち点4に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-セネガル】後半、同点ゴールを決める本田(中央)=ロシア・エカテリンブルクで2018年6月24日、長谷川直亮撮影
【日本-セネガル】後半、同点ゴールを決める本田(中央)=ロシア・エカテリンブルクで2018年6月24日、長谷川直亮撮影

 【エカテリンブルク(ロシア)大島祥平】サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本代表は24日(日本時間25日)、エカテリンブルク・アリーナで行われた1次リーグH組の第2戦でセネガルと対戦し、2-2で引き分けた。

 日本とセネガルはともに勝ち点4。6大会連続6回目出場の日本が開幕から2戦続けて勝ち点を獲得したのは2002年日韓大会以来4大会ぶり。

 日本は1点を追う前半34分、柴崎岳(ヘタフェ)からのロングボールを長友佑都(ガラタサライ)がペナルティーエリア内で受け、乾貴士(ベティス)、のシュートで追いついた。日本は後半26分にワゲのシュートで1点差とされたが、途中出場の本田圭佑(パチューカ)が同33分に3大会連続となる同点のシュートを決めた。

この記事は有料記事です。

残り904文字(全文1231文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集