メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・すたこら

「ひと聴きぼれ」

 暗闇の中を、いくつもの光が交差する。音を全身に浴びる感覚。五臓六腑(ごぞうろっぷ)に響くドラムの音が心地良い。

 ステージの中央に立つのは「ぼくのりりっくのぼうよみ」と名乗る20歳のシンガー・ソングライター。この独特の名前は、音楽を始めたころ「りりっく(歌詞)」が「ぼうよみ(棒読み)」だったことからつけたそうだ。強さとはかなさを持ち合わせた楽曲と、圧倒的な歌唱力に魅了される。

 「ぼく(僕)」が書く歌詞は、どこかうつろな印象を受ける。まるで私たちが生きるこの世を、俯瞰(ふかん…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 約3000年前の小さな靴を発掘 新生児用か、飾りひもも エジプトの遺跡
  3. 新元号 「令和元年」カレンダー 八潮のメーカーが制作 /埼玉
  4. 「池に人が浮いている」通報 60~70代女性死亡 井の頭公園
  5. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです