メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手話カフェ

スマイル0円 聴覚障害者ら運営 福岡・博多

 耳が不自由なスタッフらが手話や筆談で接客する手話カフェ「nico」が福岡市博多区千代にある。「聴覚障害者にも健常者と同じ仕事を」との思いから、2月にオープンして4カ月あまり。店名の「nico」には「働く人もお客さんも笑顔になれる場所」との願いが込められている。【末永麻裕】

 店内は1、2階の約40席。店に入ると、注文はカウンターにあるイラスト付きのメニュー表を指さして伝える。「指さしてね」と書かれたパネルや筆談用のホワイトボードが置かれ、着席後に要望がある時には手を挙げてホワイトボードで筆談をする。手話を使えれば手話で注文やスタッフとの会話ができる。

 運営するのは、福岡市で障害者福祉サービス事業所を展開する一般社団法人ノーマライゼーション。代表理事…

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文862文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. 運転免許返納 入浴料割引、ドリンクサービスも 横浜・天然温泉満天の湯 /神奈川
  4. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
  5. 養護施設元職員、入所の男子中学生にわいせつ行為 児福法違反容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです