メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待機児童

前年比244人減372人に 保育士確保が課題 /福島

 保育所などに入れない待機児童について4月1日現在(速報値)で県がまとめたところ、待機児童数は372人で、過去最多だった前年同期から244人(39・6%)減った。県内59市町村のうち待機児童がいるのは12市町村で、3市町村減った。待機児童数が県内最多だった福島市は112人へと半減。会津地方(17市町村)には待機児童がいなくなった。保育所の整備が進んでいることが要因だが、保育士の確保が新たな課題となっている。【岸慶太】

 待機児童数が最も多いのは、福島市の112人(前年同期比111人減)で、南相馬市64人(同26人減)…

この記事は有料記事です。

残り1058文字(全文1318文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです