メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県教委

800城館跡、徹底調査へ 5年かけ報告書に /茨城

 県教育委員会は、県内に約800あるとされる城館跡の網羅的な調査に乗り出す。県内全市町村教委の協力を得て、中世に造られた城館跡の現況や文献をおおむね把握したうえ、調査員が論文や伝承を整理し、現地調査して城館の範囲を確定する。5年かけて、歴史的価値を掘り起こし、今後の保存や活用に役立つ基礎資料となる報告書をまとめる。

 22日、県立歴史館(水戸市緑町2)で調査委員会(委員長=高橋修・茨城大教授)の初会合があり、有識者の専門委員と、各市教委の職員や高校教諭らが務める調査員が集まり、調査の進め方や役割分担を確認した。

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文739文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 政府方針一転 河野氏「UFOに遭遇したら」発言のワケ 宇宙作戦隊も発足

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 学術会議 任命拒否の6人が初めて共に訴えた菅首相への「胸の内」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです