京大学士山岳会

チョゴリザ登頂60年シンポ 探検大学、開拓者は語る /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 京都大学学士山岳会(AACK)隊が1958年にヒマラヤの未踏峰チョゴリザ(7654メートル)に登頂して60周年を迎えるのを記念したシンポ「探検大学の誕生」が今月17日、京都市左京区の京都大で開かれた。この年は第1次南極越冬、アフリカでの霊長類研究、ブータンやネパールでの植物学、人類学研究など京大関係者による学術探検が一気に花開き、「探検大学」と呼ばれる一つの契機となった。世界各地で活躍する研究者がフィールドワークの魅力を語り合った。【榊原雅晴】

この記事は有料記事です。

残り1642文字(全文1867文字)

あわせて読みたい

注目の特集