メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やまと人模様

地域おこし協力隊員 並木美佳さん 地域と共に漆文化守る /奈良

「曽爾村の漆文化が元気になるよう頑張る」と話す並木美佳さん=奈良県曽爾村塩井で、山本和良撮影

並木美佳さん(29)=曽爾村

 奈良~平安期に漆の生産拠点「漆部造(ぬりべのみやつこ)」が置かれ、漆産業発祥の地とされる曽爾村。長年廃れていた漆産業を復活させようと、村が公募した地域おこし協力隊員として活動し、1年2カ月になる。「漆の文化が根付いていたという曽爾村で活動できることを誇りに思う」と笑顔を見せる。

 村が昨年4月に古民家を改修した「ぬるべの郷(さと)塩井うるし工房」で活動。地区住民らと一緒に柿の葉を乾燥させ、吉野特産の和紙を幾重にも重ね、漆を3度塗って仕上げる「葉の器」の制作のほか、漆の木の植栽や漆の採取作業に取り組んでいる。

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 東京都内で新たに1204人の感染確認 1000人超は6日連続 重症者は5人増

  3. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  4. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです