メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

研究の現場から

視覚障害者の事故、眼鏡で防ぐ Raise the Flag.(高松) 中村猛社長 /高知

視覚障害者の事故防止を目指し、開発を続けている実験用の「RtFグラス」=高松市で、岩崎邦宏撮影

 高松市のベンチャー企業「Raise the Flag.(レイズ・ザ・フラッグ)」は、視覚障害者に障害物や段差を知らせる眼鏡「RtFグラス」の開発を進めている。特殊な小型カメラを使って検知する仕組みで、振動や音で伝える。視覚障害者を巡っては駅のホームから転落するなどの事故が各地で相次いでおり、中村猛社長(45)は「段差などを通知できれば事故は防げる」と話している。

 中村社長は販売業などを経て、昨年5月に会社を設立した。昨夏、白杖(はくじょう)を持った視覚障害者が街中で、駐輪された自転車などにぶつかるのを目撃。その後、視覚障害者がホームから落ちて死亡したとのニュースに接した。過去に起きた同様の事故を調べ、RtFグラス作りに着手した。

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文667文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです