メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防災士特別研修

「まず避難」「データ確認を」 役割再確認 日田 /大分

 九州北部豪雨を教訓に「防災士」の役割を再確認し強化する防災士フォローアップ特別研修が24日、日田市役所で開かれた。甚大な被害を受けた同市上宮町と鈴連町の防災士2人が当時の地域の被災状況を時系列で説明し、「避難準備情報が出た段階で空振りを恐れずにまず避難」「自らも気象データのチェックを」などと訴えた。【楢原義則】

 市防災・危機管理課の主催で、防災士や自治会役員ら約100人が参加。日田地方は2012年7月に2回、…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  2. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

  3. 桜を見る会 首相推薦1000人 昭恵氏分も 自民関係者のものが4割占める

  4. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  5. シャープ旧本社跡地にニトリ出店

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです