メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大規模災害

一部損壊に給付、3府県のみ 再建法枠外 支援に格差

大阪府北部地震の被害状況

 災害による大規模な住宅被害に公費を支給する被災者生活再建支援法が対象外とする住宅の「一部損壊」について、常設の独自支援制度を定めているのは京都や兵庫、鳥取の3府県にとどまることが今年4月の内閣府のまとめで判明した。18日朝に最大震度6弱を観測した大阪北部地震は25日で1週間を迎えた。住宅被害は大阪を中心に8000棟を超え、ほとんどが一部損壊。大阪府は同日、利子分を府が負担する貸付制度などの検討を始めた。(3面にクローズアップ)

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文903文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水がなくてもポリ袋で簡単調理

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです