メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

長妻昭氏/下 「死を見つめる心」 「死生観」考える好著

長妻昭氏=手塚耕一郎撮影

 高齢化の進展で日本はこれから、4000人超の人が毎日亡くなる「多死社会」となる。一方で今の日本は死が隔離され、これまでで一番、死が身近でない状態ではないだろうか。死の恐怖のあまり、患者さんが適切な治療を受け入れなかったりするトラブルが起きている。あまり表に出ていないが、大きな問題だ。

 厚生労働相時代は、終末期医療の設備の不備など物質的側面に関心があった。その後、いろんな人と話す中で「日本が決定的に他の先進国と違うのは、クオリティー・オブ・デス(死の質)の低さだ」と認識した。そこで末期がんを患った方の手記や、死に直面した方の本を何十冊と読む中で、この本と出会った。

 著者の岸本英夫さんは宗教学者だった。宗教は死の恐怖と折り合いを付けるのを助ける役割を果たしてきた。…

この記事は有料記事です。

残り739文字(全文1074文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  4. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです