メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の半島情勢

識者に聞く 対イラン、影響限定的 モハメド・ファラハト氏(エジプト アハラム政治戦略研究所上席研究員)

モハメド・ファラハト氏=提供写真

 北朝鮮は中東・アフリカ諸国との関係が深い。北朝鮮指導部は長年、米国の宿敵だったイラクとリビアは核を放棄したために体制が崩壊したと信じてきた。指導部がこの考えを即座に改めるとは思えない。金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の任期は決まっていないが、トランプ米大統領には任期がある。政権が代われば米国の姿勢が変わることもあり得る。北朝鮮はトランプ政権後まで視野に入れ、のらりくらりと交渉を続けることも考えられる。

 そもそも行動が予測できないトランプ氏が政権の座にある限り、実はどのような国際的合意も意味を成さない…

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文988文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  2. 園児に「バカ」「ブタ」、押し入れに閉じ込め…保育園で暴言・体罰13件 福岡市が改善勧告
  3. 姫路市立中学 講師、ストーブで女子生徒を殴る /兵庫
  4. 授業中、不必要に名前を連呼など 一部教員のいじめも認定 高2自殺再調査報告書 山口・周南市
  5. 男性教諭 酔って家庭訪問 ばちで児童殴打 大阪・懲戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです