メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

個人データ保護のルール EUの「GDPR」とは=回答・尾村洋介

 なるほドリ 日本の企業の間で欧州連合(EU)の「GDPR」というルールが話題だね。守らないと巨額の制裁金を科される可能性があるんだって?

 記者 正式な名称は「一般データ保護規則(General Data Protection Regulation)」。基本的な人権として個人データを保護するためのルールです。EUにアイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェーを加えた欧州経済地域(EEA)域内で取得された個人データをビジネスに使ったり、EEAの外にデータを移転させる際に、守らなければならないルールを定めています。

 EEA内に拠点がない企業でも、EEAの在住者に商品やサービスを提供し、個人データを取得している場合は、ルールが「域外適用」されることを明確にしたのが意義の一つです。

この記事は有料記事です。

残り996文字(全文1337文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ジャーナリズムを、聞きたい 菅家さんの冤罪証明し真犯人を追う 清水潔さん「潜在する危機伝えることこそ報道」

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです