メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタルで学ぼう

プログラミングでお話作り 筑波大付属小の「生活科」授業

自分で考えた物語に沿ってブロックで作った「動物」が動くようにプログラミングし、発表する児童ら=東京都文京区で

 小学校でプログラミング教育が必修化されるまであと約2年。先行して取り組む自治体がある一方で、どのように取り組めばいいか分からない教員もいる。文部科学省は今春、「小学校プログラミング教育の手引」を作成したばかりで、教員研修などはまだこれからだ。IT教育に先行して取り組む筑波大学付属小学校で、2014年からプログラミングの授業をしている鷲見(すみ)辰美教諭は「詳しい知識がなくても授業はできる」と話す。同小の授業を紹介する。

この記事は有料記事です。

残り1325文字(全文1537文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです