メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
大相撲名古屋場所

番付発表 栃ノ心、西大関 照ノ富士は幕下転落

 日本相撲協会は25日、大相撲名古屋場所(7月8日初日、ドルフィンズアリーナ)の新番付を発表し、新大関の栃ノ心は3大関で最下位の2番手の西大関になった。ジョージア出身初の大関で、外国出身では11人目。史上4位の高年齢、30歳9カ月での新大関場所になる。

 夏場所で自身初の連覇を果たした鶴竜は東横綱。単独10位の幕内在位85場所目の白鵬が西で、7場所連続休場中の稀勢の里が2番手の東に座る。栃ノ心以外の大関はカド番で、東の豪栄道が7回目、西の高安は2回目。

 関脇は2場所連続の逸ノ城が東に回り、西には2場所ぶり復帰の御嶽海。小結は3場所ぶりに三役に戻った玉…

この記事は有料記事です。

残り2273文字(全文2550文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  2. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです