メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小児がん征圧キャンペーン「生きる」

小児がん征圧キャンペーン 舞台裏、笑顔の交流 闘病6人と出演者

開演前に楽屋を訪問した子どもたちと記念撮影する谷村新司さん(後列左から4人目)と平原綾香さん(同3人目)=東京都渋谷区のBunkamuraオーチャードホールで2018年6月25日午後6時1分、和田大典撮影

 東京・渋谷で25日開かれたチャリティーコンサート「生きる2018」。開演前には歌手の谷村新司さんとゲスト歌手の平原綾香さんが小児がんと闘ってきた子どもや家族らと舞台裏で交流した。

 招待された8~42歳の男女計6人が楽屋を訪問した。6人は「頑張ってください」などと谷村さんと平原さんに声をかけ、1人ずつピンクと黄色のバラを手渡した。谷村さんは「心を込めて歌うので楽しみにね」と笑顔。平原さんも「ありがとうございます。また後で」と声…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです