メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石渡嶺司の“反”就活学

勉強との両立が「宿命」 短大生 三つのポイント

え・葛西りいち

 今回のテーマは短大生です。短大生は修学期間が2年間と、4年制大学の半分しかありません。そのため、短大生の就活準備は1年生の夏ないし夏前から始まります。

 そして、実際の就活は一般職がその大半を占めます。一般職は窓口業務や営業の補助などの仕事が多く、総合職のような転勤などはありません。代わりに昇進・昇給などは総合職よりも低く抑えられます。そして、採用時期は総合職採用よりも遅く、6月下旬から7月にかけて選考が進んでいきます。

 つまり短大の就活は1年生も2年生もこの6月から7月にかけて大きく動くと言っていいでしょう。

この記事は有料記事です。

残り1744文字(全文2002文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  2. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  3. GoToトラベル、東京除外 都発着旅行や在住者 国交相、運用見直し表明

  4. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  5. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです