メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石渡嶺司の“反”就活学

勉強との両立が「宿命」 短大生 三つのポイント

え・葛西りいち

入学後すぐに準備開始

 今回のテーマは短大生です。短大生は修学期間が2年間と、4年制大学の半分しかありません。そのため、短大生の就活準備は1年生の夏ないし夏前から始まります。

 そして、実際の就活は一般職がその大半を占めます。一般職は窓口業務や営業の補助などの仕事が多く、総合職のような転勤などはありません。代わりに昇進・昇給などは総合職よりも低く抑えられます。そして、採用時期は総合職採用よりも遅く、6月下旬から7月にかけて選考が進んでいきます。

 つまり短大の就活は1年生も2年生もこの6月から7月にかけて大きく動くと言っていいでしょう。

この記事は有料記事です。

残り1734文字(全文2002文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 人事 高崎市 /群馬
  3. 東京でもサクラ開花 昨年より4日遅く
  4. 実りの春 石岡一センバツ初出場 第3部・支える人/中 女子マネジャー3人 /茨城
  5. 質問なるほドリ オルソケラトロジーって? コンタクトを夜間装用 手術なく視力矯正=回答・林奈緒美

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです