メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

「もえろツインビー」で、バリアなしでのノーミスクリアはできるのか? やってみた。(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

ゲーム芸人フジタがアラフォーに向けてオススメタイトルを紹介する本連載。今回は、「もえろ ツインビー」でスーパープレイをみせる!

 

KONAMI
もえろツインビー
シナモン博士を救え!

514円(Wii U)
https://www.nintendo.co.jp/titles/20010000011066

1986年にディスクシステムで発売され、ファミコンにも移植された人気作の第2弾。前作の100年後、新たな敵・ガトランティスに立ち向かう!

 

成功報酬は輝くカステラ! 罰ゲームは金のドリンク!?

編集部(以下編) 今回の成功報酬は、サブタイトルの「シナモン博士を救え!」にちなんで、人気シナモンロール専門店「シナボン」のスイーツです。

 

フジタ(以下フ) いやあ、これは甘くておいしそうですね。

 

 ただし失敗した場合は、普通は決してシナモンをかけない食材にたっぷりシナモンをかけて食べていただきます。

 

 僕、シナモンは嫌いじゃないですから。どんな食べ物が来ても大丈夫です!

 

バリアなしノーミスで全7面を完全クリアせよ!

どうも~、フジタです! 「もえろツインビー」といったら3人同時プレイ。僕はこの3人同時プレイを1人でやるのが好きで、右手と左手と足を使ってやっていました(笑)。いやまあ、人が集まらなかったというのもあるんですけど……(笑)。

 

↑ガトランティス軍にさらわれたシナモン博士を救うため、ひ孫のツインビー、ウインビー、グインビーが飛びたつ。3人で同時に遊ぶことができた

 

でもって、今回はバリアなしのノーミスクリアに挑戦します。鬼門は6面です。ここはカマキリが画面の四方から中央に向かってくるんですけど、バリアがないと相当キツいんですよ。あとは見どころとしてはボス戦の連打にも注目してほしいですね。ボスのときはこすり打ちをしようと思っているんで。

 

↑1面は前作と同様ドンブリ島だが、今回は横スクロールで進む。この面の敵はナルトなど食べ物系。今回のベルは和風の鈴の形をしている

 

では、スタートです。今回は1人ですが、3人プレイはやっぱ面白かったですよね。合体攻撃とかもあったんで。僕は基本的にバリアを取らない人間なのでいいんですけど、全7面だと25分くらいですか。ミスしちゃいけないとなると、集中力が続くかが勝負ですね。

 

↑2面のラマヤドーラ王国は縦スクロール面。魚介類が敵で、ボスは大ダコ。クラゲの動きにフジタも苦戦気味

 

↑3面は洗濯バサミやモップなどの日用品が敵。水道の蛇口のようなボス・ウォーターバイパーに、こすり連打をうまく打ち込めるか?

 

青いベルを取って速くなったほうがいいですが、速くなりすぎるとそれはそれで制御不能になるので……。

 

1面のボスはスイカです。ボスは基本的に硬いんですよ。最初に固まっているときにどれだけ打ち込めるかが重要で、それを逃すと連打で疲れちゃう。位置取りも大事になってきて、最初の出現時にダメージを大きく与えたいので、真ん中ちょい下あたりですかね。うわー、間違えた、間違えた! ちょっと位置取りを間違えた!! あまり当たってなくて戦いが長引いてしまいました。ま、でも1面なんでね。

 

【一瞬のミスが命取り! 緊張感たっぷりの続きは動画で!!】

 

――得意のゲームでスゴ技連発! 全編は動画に収録!!

撮影:高原マサキ(TK.c)

©Konami Digital Entertainment

【関連記事】
「キングダムハーツ」ってゲーム、どう面白いの? 注目作「Ⅲ」までの物語が新宿でおさらいできます
遊びと趣味をやり倒せ! Amazon.co.jpの良コスパホビーをレビュー
早く遊びたいぞ「NEOGEO mini」…! 「KOF」最新作発表とともによみがえる“格ゲーの一番熱い時代”の思い出
スト2&鉄拳世代は燃える最新「アケコン」5選! 選び方/メリットまとめ
地味なのにこの中毒性なに…。「東京おもちゃショー」で見つけた異色なアナログゲーム5選

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  2. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  3. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝
  5. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです