あしぎぬ温泉

客が露天風呂でマムシにかまれる

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 京都府京丹後市の市営弥栄あしぎぬ温泉で宮津市の男性客(60)がマムシにかまれる被害に遭ったことが25日、分かった。男性客は計4回通院して治療を受けているが現在も痛みが残っており、「公の場が管理が不行き届きで言語道断」と話している。

 男性客によると、5月15日夜に事故が発生した。滝つぼのある露天風呂を出て階段を上り始めたところ、何かにかまれて左足に痛みを感じた。その場は暗くて何も見えなかった。そのまま痛みを我慢して帰宅し…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文530文字)

あわせて読みたい

ニュース特集