地震動予測

震度6弱以上 引き続き首都直下や南海トラフ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
今後30年間に震度6以上の揺れに見舞われる確率
今後30年間に震度6以上の揺れに見舞われる確率

18年版地図 大阪府付近も 新たに北海道東部の太平洋側

 政府の地震調査委員会は26日、今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率を示した「全国地震動予測地図」の2018年版を公表した。千島海溝沿いの巨大地震を新たに考慮したため、北海道東部の太平洋側で17年版より大きく確率が上昇した。今年1月1日時点での評価のため、今月18日に発生した大阪北部地震の影響は反映されていないが、大阪府付近は17年版とほぼ同じで高い確率となった。

 確率が最高レベルの「26~100%」は、昨年と同じく首都直下地震が想定される関東地方や、南海トラフ地震が懸念される静岡から四国にかけての太平洋沿岸など。また、地震調査委が昨年、千島海溝でマグニチュード(M)9級の巨大地震が高い確率で起こる可能性があると初めて評価したことを受け、今年の予測図では釧路、根室地方など北海道東部の広い範囲で最高レベルとなった。

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1244文字)

あわせて読みたい

注目の特集