メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生菓子

京都の水無月、実は北から南まで「全国区」

笹屋伊織の水無月。奥は黒糖味=京都市下京区の笹屋伊織高島屋京都店で2018年6月26日、国本ようこ撮影

 三角形のういろうに小豆を乗せた生菓子の「水無月(みなづき)」。京都では、旧暦6月の別名をつけたこの菓子を6月30日に神社である厄払い神事「夏越(なご)しの祓(はらえ)」に合わせて食べると良いとされ、6月に入ると菓子店で大々的に販売される。「京都の風習」「京の夏の風物詩」と宣伝されてきたが、関西発の節分の恵方巻きのように、実は北から南まで全国各地に広がっていた。

 1930年創業の那覇市の「首里知念製菓」。琉球菓子の店だが、3代目社長の知念秀和さん(42)が岡山…

この記事は有料記事です。

残り1073文字(全文1305文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 樹木希林さん75歳=女優
  2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  3. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年
  4. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  5. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです