メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震動予測

大阪の地震反映せず なお地震への備え不可欠

今後30年間に震度6以上の揺れに見舞われる確率

 政府の地震調査委員会は26日、今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率を示した「全国地震動予測地図」の2018年版を公表した。公表された全国地震動予測地図は18日の大阪北部地震の影響を考慮していないが、今後30年で震度6弱以上の揺れに襲われる確率が大阪市で56%、奈良市で61%などと評価された。地震調査研究推進本部によると、大阪北部地震の発生を反映しても確率は大きく変化しない見通しで、関西地方でも引き続き地震への備えが不可欠だ。

 予測地図は、南海トラフなどで発生する海溝型地震の間隔▽内陸活断層の活動間隔▽地盤の強弱--などから確率を算出している。今回の震源近くには、大阪府北部を東西に延びる活断層「有馬-高槻断層帯」(55キロ、30年以内の発生確率ほぼ0~0.03%)▽府を南北に縦断する「上町断層帯」(42キロ、同2~3%)▽府北部から兵庫県淡路島へ延び、阪神大震災の震源を含む「六甲・淡路島断層帯」(71キロ、同ほぼ0~1…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  2. 特集ワイド コロナショック 正確な現状分析なき「宣言」 元厚労相・前都知事、舛添要一氏

  3. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  4. 学生に「バイト来るな」 大学に「住所教えろ」 クラスター発生の京産大へ差別相次ぐ

  5. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです