メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震動予測

大阪の地震反映せず なお地震への備え不可欠

今後30年間に震度6以上の揺れに見舞われる確率

 政府の地震調査委員会は26日、今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率を示した「全国地震動予測地図」の2018年版を公表した。公表された全国地震動予測地図は18日の大阪北部地震の影響を考慮していないが、今後30年で震度6弱以上の揺れに襲われる確率が大阪市で56%、奈良市で61%などと評価された。地震調査研究推進本部によると、大阪北部地震の発生を反映しても確率は大きく変化しない見通しで、関西地方でも引き続き地震への備えが不可欠だ。

 予測地図は、南海トラフなどで発生する海溝型地震の間隔▽内陸活断層の活動間隔▽地盤の強弱--などから…

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 織田信成さんが関大コーチを提訴「悪弊へ一石投じる思い」

  3. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです