税収規模

26年ぶり58兆円超え 国債依存変わらず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
一般会計税収の推移
一般会計税収の推移

 国の2017年度の一般会計税収が、当初見込み(57.7兆円)を約1兆円上回ることが25日、明らかになった。近く財務省が公表する。国内外で景気回復が続くのを追い風に、個人、法人いずれからの税収も想定を上回った。税収規模が58兆円を超えるのはバブル期直後の1991年度(59.8兆円)以来、26年ぶり。

 円安を追い風に、自動車などの輸出産業を中心に企業業績が改善し、法人税収が上振れした。また、…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文491文字)

あわせて読みたい

注目の特集