受動喫煙防止条例案

東京都議会厚生委で可決

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 従業員を雇っている飲食店を原則全面禁煙にする東京都の受動喫煙防止条例案が25日、都議会厚生委員会で自民党以外の賛成多数で可決された。27日の都議会最終日の本会議で可決、成立する見通し。

 厚生委員会では、自民が飲食店への規制基準について、今国会で成立の見通しとなった政府の健康増進法改正案とほぼ同水準とする修正案、共産は都提出の条例案よりさらに規制を厳しくする修正案をそれぞれ提出したが、いずれも否決された。共産党は都条例案の採決…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文538文字)

あわせて読みたい

注目の特集