群馬・館林市

アメダス、住宅街から高校のグラウンドに

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 「日本一暑いまち」をPRしている群馬県館林市で今月から、気象庁の地域気象観測システム(アメダス)がアスファルト舗装の多い住宅街から、風通しの良い高校のグラウンドに移転した。

 旧観測所は昨夏、全国最多の計7日の最高気温を記録したが、「暑さは表面温度が上がりやすく、放射熱が大きいアスファルトの影響では…

この記事は有料記事です。

残り121文字(全文271文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集