メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンテスト

殺処分免れた"世界一醜い犬" 動物保護シェルター収容の現実PR 米国

第30回「世界最も醜い犬コンテスト」で優勝した犬。優勝犬には賞金1500ドル(約16万5000円)が贈られる。多くが虐待などでシェルターに運ばれ救われた犬だという=米西部カリフォルニア州ペタルマで2018年6月23日、ルーベン・モナストラ撮影

 米西部カリフォルニア州ペタルマで23日、毎年恒例の「世界最も醜い犬コンテスト」が開かれ、ブルドッグの「ジャジャ」が優勝した。30回目を迎える大会のスローガンは「買わないで引き取って」。飼い主を必要とする多くの動物が保護シェルターなどに収容されていることを知らせる狙いがあるという。

 大会コーディネーターのタウニー・テスコーニさん(56)は「実は出場した犬の多くが殺処分施設にいた」と明かし、「彼らはコンテストに出場する素晴らしい飼い主に引…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サンマが黄色く変色…「メインおかず」抜きの給食に 草津の小学校

  2. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  3. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  4. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  5. 熱血!与良政談 逃げ切らせないために=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです