メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンテスト

殺処分免れた"世界一醜い犬" 動物保護シェルター収容の現実PR 米国

第30回「世界最も醜い犬コンテスト」で優勝した犬。優勝犬には賞金1500ドル(約16万5000円)が贈られる。多くが虐待などでシェルターに運ばれ救われた犬だという=米西部カリフォルニア州ペタルマで2018年6月23日、ルーベン・モナストラ撮影

 米西部カリフォルニア州ペタルマで23日、毎年恒例の「世界最も醜い犬コンテスト」が開かれ、ブルドッグの「ジャジャ」が優勝した。30回目を迎える大会のスローガンは「買わないで引き取って」。飼い主を必要とする多くの動物が保護シェルターなどに収容されていることを知らせる狙いがあるという。

 大会コーディネーターのタウニー・テスコーニさん(56)は「実は出場した犬の多くが殺処分施設にいた」と明かし、「彼らはコンテストに出場する素晴らしい飼い主に引…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文552文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです