メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場上空

西村一幸の飛行記録(6) 新幹線とSLの“競演”を捉える

秋田新幹線の開業に伴うキャンペーンで、奥羽線の秋田ー大曲間を並走する秋田新幹線の「こまち」と蒸気機関車「D51」=秋田県で1997年7月17日、本社ヘリから萩原義弘撮影

 事件事故に限らず、またとない「決定的瞬間」がある。地上の写真取材でもその瞬間を捉えることは至難の業だが、航空機からの撮影となると、そのタイミングに遭遇することは一層困難になる。

 1997年7月、ある依頼が西村一幸に舞い込んだ。それはJR東日本が「秋田新幹線」の開業を記念して3日間限定で蒸気機関車「D51」を並走させるので、上空から撮影してほしいというものだった。企画を提案したのは当時、毎日新聞東京写真部記者だった萩原義弘(57)=現・写真家=だった。鉄道に詳しい萩原は「そんな場面は二度とない」と興奮していた。

 企画を聞いて西村がまず思ったのは、「遠いな」ということだった。新聞社の航空部の第一の仕事は、やはり…

この記事は有料記事です。

残り1970文字(全文2278文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 行き場のない「核のごみ」 国内最終処分、議論も始まらず
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 大阪市立科学館 リニューアル リアルな星空を再現 高性能の投影機話題に /大阪
  4. 被爆遺構の本格発掘始まる 広島平和記念公園内
  5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです