メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

武田 砂鉄・評『国道16号線スタディーズ』塚田修一、西田善行/編著

町としての成長がなく「空漠感」を抱えている

◆『国道16号線スタディーズ』塚田修一、西田善行/編著(青弓社/税別2000円)

 神奈川県横須賀市から千葉県富津市までの1都3県、都心から約30キロの距離を環状に走る国道16号線。そこから見える光景、根ざす歴史、萎(しぼ)んで消えていく風土を考察する一冊。

 映画監督・富田克也が「『物語の発生する余地がない』場所」とした16号線の「空漠感」。東京・多摩地区で生まれ育った自分にも皮膚感覚として残る。電車で横に移動すれば1時間足らずで都心に辿(たど)りつけるが、そことの同質性は少ない。車で縦に走ればたちまち同質性に気付くが、そことの親和性を認めたくない感覚。電車は都心から枝葉のように伸びるが、枝葉同士を結ぶのが幹線道路。16号線だ。

 『闇金ウシジマくん』の舞台となったのが相模原。その場を象徴する風景として、送電線と巨大な送電鉄塔が…

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文943文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 男逃走
  2. 東京・赤坂の飲食店員暴行「半グレ」上役か 容疑の男を逮捕
  3. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  4. これが本当なら「現代の特高」…前川元次官が語る告発ノベル「官邸ポリス」のリアル
  5. 日本はデフレ 消費増税凍結しなければ危機

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです