メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『珈琲屋』大坊勝次、森光宗男・著

理解者としてありながら安易に同調はしない

◆『珈琲屋』大坊勝次、森光宗男・著(新潮社/税別2500円)

 コーヒー豆を焙煎して、挽(ひ)いて、片手にネルフィルター、もう一方の手にポットを持って一杯ずつ淹(い)れて、お客に出す、という仕事に長年専念してきた、同じ1947年生まれの「珈琲屋」同士の対談集だ。東京は南青山で「大坊珈琲店」を営んでいた、大坊(だいぼう)勝次さんと、福岡「珈琲美美(びみ)」の店主だった森光(もりみつ)宗男さん。共通するところが多くあるから、濃く長く話し続けることができる。しかし、読み進めていくと、ずいぶん違うタイプのふたりだなと思いもする。

 たとえば、森光さんは熱心にコーヒー豆の産地を訪ねていて、大坊さんのことを対談中にも幾度も誘うけれど…

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文920文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」
  4. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]