メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

パリで覆面芸術家バンクシーの最近の壁画見つかる、移民がテーマ

 6月25日、英国の覆面ストリートアーティスト、バンクシーの手による移民をテーマとした壁画が、フランスのパリで見つかった。国連が定めた「世界難民の日」の20日以降に描かれたとみられる。絵は既に一部が汚されており、少女自身がかぎ十字を描いているかのように見せるため、何者かが手を加えていた。(2018年 ロイター/Benoit Tessier)

[PR]

 [パリ 25日 ロイター] - 英国の覆面ストリートアーティスト、バンクシーの手による移民をテーマとした壁画が、フランスのパリで見つかった。国連が定めた「世界難民の日」の20日以降に描かれたとみられる。

 壁画のうちの1つは、黒人の少女がピンク色の壁紙の模様で、かぎ十字(スワスティカ)を塗りつぶしているもの。移民や難民が路上で寝泊まりするパリ北部で発見された。

 ただ、絵は既に一部が汚されており、少女自身がかぎ十字を描いているかのように見せるため、何者かが手を加えていた。

 バンクシーがよくモチーフにするネズミが、シャンパンのボトルのコルク栓に乗って飛んでいく絵も見つかった。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  3. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 北九州市で新たに5人 12日連続の感染確認 累計124人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです