メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

「本田△」急上昇ワードに 「ケイスケホンダ」も多数投稿(スポニチ)

明るい表情で練習する本田=スポニチ提供

 「大迫半端ない」に続いてセネガル戦では「ケイスケホンダ」「本田△」などの“急上昇ワード”がツイッターなどに数多く投稿され注目を集めている。

     ともにMF本田を指し「ケイスケホンダ」はNHKで先月放送された「プロフェッショナル 仕事の流儀」に本田が登場した際の発言が元ネタ。「プロフェッショナルとは?」と問われ「ケイスケホンダ」と答えた。

     後半33分、2-2となる同点弾を決めると「さすがケイスケホンダ」などと書き込まれた。ここまで不調で、批判も多かったため「ケイスケホンダ、ごめんなさい」などの投稿も見られた。

     本田△は「本田さんカッケー(格好いい)」と読む。2010年W杯南アフリカ大会の頃からあったが、最近は使われることも減っていた。「大迫半端ない」と同じくW杯での活躍で再注目された形だ。そのため「同点弾を決めたのに、評価が△なんて厳しい」との投稿もあった。ちなみに英紙では「Honda-san,so cool」と記された。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです