メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

不動産バブル、五輪後崩壊?

商業地で公示地価全国1位となった東京都中央区銀座の山野楽器銀座本店(中央)周辺=西本勝撮影

 バブル化した不動産は、2020年の東京五輪ではじけてしまう!? 五輪まであと2年に迫り、そんな声を耳にすることが多くなった。実際、東京・銀座の地価は1990年代のバブル期を上回り、過熱感もうかがえる。五輪後のバブル崩壊はあり得るのか。【宇田川恵】

少子化、郊外の住宅直撃

 まだ梅雨明け前なのに、強い日差しは容赦がない。だが誰もが買い物や観光に夢中だ。訪日客でごった返す銀座は、昨春開業した「GINZA SIX(ギンザシックス)」をはじめ、東京五輪を見据えた再開発が進み、地価は上昇している。

 バブル期の91年、全国最高だった銀座の公示地価(1月1日現在)は1平方メートル当たり3850万円だ…

この記事は有料記事です。

残り2477文字(全文2772文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 女子高生とのわいせつ動画 ネット公開容疑で男逮捕 4000万円収入か
  3. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  4. SNSで自分の裸の画像や動画販売容疑 15~17歳の少女3人を書類送検 福岡県警
  5. 尼崎 「学校だより」に他校記事 中学校長が無断転載

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです