メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

昭恵氏の言動に再び驚く=与良正男

 暗たんとした気持ちになる発言が続く。例えば、受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案を審議していた衆院厚生労働委員会で、自民党の穴見陽一氏が参考人に対して「いいかげんにしろ」とやじを飛ばした一件だ。

 委員会の求めに応じて参考人として出席した長谷川一男氏はステージ4の肺がん患者。喫煙者にも配慮しながら受動喫煙の問題を訴えた時、暴言は浴びせられた。

 そして報道され批判が出ると、穴見氏は「不快な思いを与えたとすれば、心からの反省と共に深くおわびする」とコメントした。

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文923文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです