メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リサイタル

モーツァルトと語らうピアノ サラ・デイビス・ビュクナー京都公演

阪神タイガースの法被姿を披露したピアニストのサラ・デイビス・ビュクナー=京都市上京区で、田中博子撮影

 米国出身のピアニスト、サラ・デイビス・ビュクナーが9月、4回にわたってモーツァルトを特集したリサイタルを京都府立府民ホール・アルティ(京都市上京区)で開く。幼いころからモーツァルトに親しんできたというビュクナーは「単なるコンサートではなく、ライフワークの一つとして夢がかなった気持ち」と話す。

 チャイコフスキー国際コンクールなど数々の国際コンクールで入賞し、演奏活動の傍ら米テンプル大で教授を務めている。6歳の誕生日プレゼントがモーツァルト像だったといい、「モーツァルトと対…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文595文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. クマに襲われ男性2人重傷 猟友会員らがクマ射殺 新潟・魚沼

  3. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  4. ネカフェ生活6年の男性に重い2% また路上生活か…とかすむ夢

  5. 渓流釣り中 クマ襲撃、空手高段者 目つぶしで撃退 群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです