メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 「安心な暮らし」支える 楢葉の復興拠点に商業施設「ここなら笑店街」 /福島

 東京電力福島第1原発事故で一時全町避難した楢葉町が整備する復興拠点に26日、商業施設「ここなら笑店街」がオープンした。公設民営でスーパー、ホームセンター、飲食店など10店舗が入る。町は週2回、町内各地区と結ぶ「買いものバス」を運行し、帰還後の住民生活を支える。

 町が国道6号沿いの農地を造成し、鉄骨平屋建ての店舗3棟約3300平方メートルを建設。10年間、家賃免除で事業者に貸す。事業費は25億円。隣接して災害公営住宅や医療施設、こども園があり、7月末に交流施設もできる。商業施設の整備は計画より1年あまり遅れたが、生活インフラがほぼ整い、町は町内居住率47%(5月末時点)にとどまる住民の帰還加速を期待する。

 根本茂樹さん(56)が出店したスーパー「ブイチェーンネモト」は開店直後から、買い物カートを押す町民…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文823文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 四国から東日本、23日にかけて大雨の恐れ 台風20号接近 警戒呼び掛け

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです