メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

故郷遥か

川口のクルド人 第5部/2 あるインド人の自殺 収容者に大きな衝撃 /埼玉

 「インド人が自殺したらしい。大騒ぎになっている」。4月13日午後、東日本入国管理センター(茨城県牛久市)の収容者を支援する民間団体「牛久入管収容者問題を考える会」のメンバーに収容者から電話があった。

 同センターの発表などによると、インド人の男性(32)は同日正午前、シャワールームでタオルを首に巻き意識不明の状態で発見され、搬送先の病院で死亡した。「考える会」によると、男性は約1年前に来日。政治的な迫害の危険などを理由に難民認定を申請中で、自殺前日に仮放免(一定の条件下で収容を解くこと)の却下を知らされ落胆していたという。

 事件はほかの収容者にも大きな衝撃を与えた。インド人男性と同じ居住区(4部屋に約20人収容)にいたクルド人のイナンさん(32)が取材に重い口を開いた。

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1163文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「相棒」 芦名星さんの代役立てず テレビ朝日会長「得がたい存在」

  2. SNSで「持続化給付金」不正受給を指南 詐欺容疑で愛知大生2人逮捕

  3. ORICON NEWS 竹内結子さん死去に芸能界から悲しみの声 中田秀夫監督、小手伸也ら

  4. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  5. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです