メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小児科診療所・保育施設

庄原に完成 来月2日供用開始 /広島

広島県庄原市の小児科診療所と病児・病後児保育施設の完成を祝い、テープカットをする関係者ら=同市西本町2で、岡本幸信撮影

 庄原市西本町2に小児科診療所と病児病後児保育施設が完成し、24日、落成式があった。7月2日に供用を始める。

     市が整備する「こども未来広場」の中核施設として設置した。小児科と保育施設は同じ建物内にあり、木造平屋建てで床面積318平方メートル。事業費は約3億3500万円。小児科は「庄原こどもクリニック」、保育施設は「わらべ保育室」の愛称が付いた。

     病児病後児保育施設の設置は同市で初めてで、6カ月から小学6年生までの子供を4人まで一時的に預けることができる。

     関係者60人が参加した落成式では、木山耕三市長が「庄原赤十字病院の産科再開とあわせ、子供を安心して育てる環境が整った。若者に定住してほしい」と話し、金丸博・クリニック院長(41)は「子供のことについて気軽に話せる場所にしたい」と抱負を語った。【岡本幸信】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
    2. まとメシ 寿司食べ放題店を潜入調査!寿司好きが満足できる、東京都内のおすすめ店を紹介!
    3. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
    4. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
    5. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]