メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

殺人未遂

警官刺殺、銃奪い発砲 小学校侵入、警備員死亡 容疑で21歳元自衛官逮捕 富山

島津容疑者の動き
警察官が刺され、拳銃を奪われた奥田交番を調べる捜査員=富山市で2018年6月26日午後6時56分、幾島健太郎撮影
現場の奥田小学校

 26日午後2時ごろ、富山市久方町の富山県警富山中央署奥田交番で、勤務していた稲泉健一警部補(46)=同市宝町=を男が刃物で刺して拳銃を奪った。男は更に近くの市立奥田小学校の正門付近で警備員、中村信一さん(68)=同市高島=に向けて発砲した。稲泉警部補は腹部などを刺されており、出血性ショックで死亡。中村さんも頭や左肩を撃たれ、頭部損傷で死亡した。

     男は元自衛官でアルバイト店員の島津慧大(けいた)容疑者(21)=同県立山町末三賀=で、小学校の敷地内で駆けつけた署員2人に拳銃で撃たれ、意識はあるが内臓損傷で重体。県警は島津容疑者を中村さんに対する殺人未遂容疑で現行犯逮捕し、治療のため釈放した。県警は殺人容疑に切り替え、捜査本部を設置した。

     県警などによると、稲泉警部補は交番の所長を務めており、事件当時は男性相談員と2人でいた。島津容疑者が交番の裏口ドアをノックし、稲泉警部補が応対しようとしたところ、いきなり刃物で襲ってきた。稲泉警部補の体には数十カ所の刺し傷があり、近くに血の付いた刃物1本が落ちていた。相談員は無事だった。

     一方、島津容疑者はこの後、交番に面した道路を北に約100メートル移動し、学校正門付近で中村さんを少なくとも2発撃ったとみられる。直後に警察官に発見されて学校敷地内に侵入。「止まれ」という警告を聞かずに刃物を両手に持って向かってきたため、署員2人が1発ずつ撃った。逮捕時に島津容疑者は刃物を他に2本所持。中村さんは学校の耐震化工事に伴い、警備員として派遣されていた。

     拳銃は稲泉警部補が右腰に付けたホルダーから奪われた。拳銃は学校正門付近に落ちているのが見つかり、通常5発装填(そうてん)される弾は全て無くなっていた。交番付近でも発砲情報があるという。交番内に監視カメラがあり、県警は詳しい状況を調べている。島津容疑者は2015年4月から17年3月まで陸上自衛隊金沢駐屯地に勤務。稲泉警部補との面識の有無は不明という。

     奥田小は、27日は現場検証などのため臨時休校にする。【森野俊、青山郁子】

    現場の小学校で、児童体育館避難

     事件を受け、奥田小(児童510人)は26日、飯野義明校長が記者会見を開き、事件当時の状況などを説明した。飯野校長は「学校の敷地内であってはならない痛ましい事件が起きた」と話した。

     飯野校長によると、この日午後2時10分ごろ、富山県警から「刃物を持った不審者がいる。児童の下校を見合わせてほしい」と学校に連絡があった。教職員らが校舎の戸締まりを点検。男性教員らが不審者の侵入に備えるために待機した。

     一方、保護者には「下校が遅れます」とのメールを送信。午後2時20分ごろ、校外学習に出ていた4年生の児童を除き、校内にいる全児童を体育館に避難させ、無事を確認した。【鶴見泰寿、石川将来】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 結婚 「笑顔あふれる家庭を」柴崎選手と真野さん
    2. クックパッドニュース [裏ワザ]「袋入り味噌」を今すぐきれいに容器に移す方法
    3. 西日本豪雨 親が片付け中に子供預かるボランティアも
    4. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
    5. 真野恵里菜 柴崎岳選手との結婚発表 「ひたむきに努力し続ける彼はとてもすてき」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]