米国

最高裁、入国規制「合法」 政権に追い風 イスラム圏など対象

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 【ロサンゼルス長野宏美】米連邦最高裁は26日、トランプ政権が昨年9月に発表したイスラム圏の一部諸国から米国への入国を規制する措置について、支持する判決を出した。ハワイ州などが「イスラム教徒を対象とした宗教差別にあたり違憲」だと提訴していたが、政権側はテロ対策などの一環として正当性を主張していた。トランプ氏が訴えてきた入国管理の厳格化について最高裁が支持したことで、政権運営に追い風となる可能性もある。

 最高裁判事9人のうち保守派の5人が支持。最高裁は判決理由として、大統領は入国制限を行う相当な権限を有していることを挙げた。判決について、ニューヨーク・タイムズ紙は「長期にわたる論争に終止符を打つもの」と報じた。トランプ氏は「米国人にとっての大きな勝利だ」との声明を発表した。

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文598文字)

あわせて読みたい

ニュース特集