メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

「国より厳しい」条例きょう成立 「緩さ」残した屋内禁煙 飲食店規制 業界反発、都が譲歩

国の健康増進法改正案と東京都受動喫煙防止条例案の比較

 2020年東京五輪・パラリンピックを見据えた東京都の受動喫煙防止条例案が27日、都議会で成立する見通しだ。国会で審議されている国の健康増進法改正案よりも厳しいが、業界団体の反発もあって他の五輪開催都市より緩い規制にとどまった。どう実効性を持たせるのかも課題だ。【芳賀竜也、竹内良和】

 「人の命を守る『健康ファースト』の政策。東京大会のレガシーとして未来へ受け渡したい」。今月19日、都議会で条例案について問われた小池百合子知事は力を込めた。

 条例案は、幼稚園や保育所、小中高校の敷地内を完全禁煙にする。大学や病院、行政機関は屋外の喫煙所設置…

この記事は有料記事です。

残り1763文字(全文2034文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  3. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  4. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  5. 日本、しびれ切らす 徴用工訴訟で仲裁委設置要請 冷え切る日韓関係

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです