立憲民主党

東京・区議補選で連勝 参院選共闘、共産と「実績」競う

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 立憲民主党が改選数1の東京都中野区議補選(10日投票)と、改選数2の杉並区議補選(24日投票)で公認候補をそれぞれ当選させた。いずれも共産党が擁立した候補を上回る得票を得た。来夏の参院選では改選数1の「1人区」での野党共闘の成否が焦点で、立憲と共産が地方選で実績を積み上げることで主導権を競う構図だ。

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文743文字)

あわせて読みたい