メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う・記者の目

旧優生保護法下の人権侵害 国は過ちを認めよ=上東麻子(生活報道部)

10代のころに不妊手術を強制され、生身の人間の痛みを知ってもらうため「飯塚淳子」の名で活動している宮城県の70代女性。記者会見で長年にわたるつらい思いと多くの人に支えられた感謝を口にした=仙台市青葉区で13日、滝沢一誠撮影

 障害者への強制不妊手術を認めた旧優生保護法(1948~96年)について、73年当時の厚生省公衆衛生局長が法の根拠となる疾患の遺伝性を事実上否定する発言をしていたと4日朝刊1面で報じた。70~80年代に同省精神衛生課にいた複数の官僚への取材から、発言は個人の気まぐれでなく、課全体の認識だったことを強調したい。

 経緯を振り返る。発言は、医師資格を持つ旧法の担当局長が「行政の立場から」と前置きした上で、強制不妊…

この記事は有料記事です。

残り1832文字(全文2037文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです