トヨタ

車にネット接続、加速 新型2タイプ発売 ドアを遠隔ロック、燃料の残量確認

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
トヨタ自動車初の本格コネクテッドカーとなる新型クラウンとカローラスポーツを発売し、説明をする豊田章男社長=東京都江東区で2018年6月26日、太田康男撮影
トヨタ自動車初の本格コネクテッドカーとなる新型クラウンとカローラスポーツを発売し、説明をする豊田章男社長=東京都江東区で2018年6月26日、太田康男撮影

 トヨタ自動車は26日、新型の高級セダン「クラウン」と主力車「カローラスポーツ」を発売した。インターネット接続で多様なサービスを受けられる本格的な「コネクテッドカー(つながる車)」にしたのが特徴。メンテナンス情報の提供や無料通信アプリ「LINE(ライン)」と連動したサービスなどを売りに、若年層の取り込みや販売以外の収益強化を図る。【小倉祥徳、竹地広憲】

 新型車は専用通信機を標準搭載し、さまざまなサービスを実現した。走行時の車体不具合などのトラブル情報をトヨタの販売店などと共有し、オペレーターが走行の可否などを助言する。また、ドアの閉め忘れなどがスマートフォン(スマホ)に通知され、スマホでの遠隔操作でロックすることなども可能。LINEでの目的地設定や、ガソリンの残量確認もできる。

この記事は有料記事です。

残り825文字(全文1168文字)

あわせて読みたい

注目の特集