メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

牛乳は工業製品ではない=農業ジャーナリスト・青山浩子

 健康のために日ごろから牛乳・乳製品を摂取している人は多いだろう。国民1人あたりの牛乳の消費量は1994年をピークに年々減っている。だが、コーヒーチェーン店等で生クリーム入り飲料が売れ、チーズの消費量が増えるなど乳製品の需要が順調に拡大しているため、全体の需要は横ばいで推移している。

 需要が堅調である一方、原料である生乳の国内生産量は減少傾向にある。10年間で乳牛の飼育頭数は15%、酪農家数は30%強減った。北海道以外の府県の酪農家の離農に歯止めがかかっていない。

 いま、乳業関係者が気にしているのは、夏休み明けに必要となる生乳量の確保だ。2018年の夏は、平年よ…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」

  4. DeNAの筒香、レイズ入りへ 2年総額で約1200万ドル

  5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです