メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本はともだち

多様な価値観を尊重した作品多く 第64回読書感想文 課題図書決定

 第64回青少年読書感想文全国コンクールの課題図書18作品が決まった。コンクールを主催する全国学校図書館協議会は「お気に入りの1冊を見つけ、じっくり何度も読んでほしい」と子どもたちに呼びかける。【塩田彩】

 コンクールの課題図書は2017年に発行された新刊が対象。全国の学校図書活動に関わる教員らが中心となり、豊かな読書体験となること▽明確な主題を持ち、内容に深まりや広がりがあること▽人権尊重の精神が貫かれていること--などに留意し、最終的に計18作品を選んだ。

 その時代時代の雰囲気を反映する課題図書。今年は特に、多様な価値観や生き方が尊重される作品が並んだといえそうだ。例えば、中学校の部の「一〇五度」(佐藤まどか著)は、椅子デザイナーを目指す少年の物語。進路選択やもの作りの現場など、物語を掘り下げて読む切り口が複数ある。「千年の田んぼ 国境の島に、古代の謎を追いかけて」(石井里津子著)も、コメ作りの歴史や環境問題、食糧問題など多くのテーマが込められた作…

この記事は有料記事です。

残り626文字(全文1057文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです